サイトマップ

Google

後期高齢者医療制度

トップ > 後期高齢者医療制度 / 保険料 > 保険料の納め方

保険料−保険料の納め方


保険料の納め方

 保険料の納付方法は、原則として年金(年額18万円以上の方)から納めます(特別徴収)。

 年金額が年額18万円未満の方や介護保険料との合計額が年金額の2分の1を超える方等は、納付書や口座振替により個別にお住まいの市町村に納めます(普通徴収)。

図:保険料の納め方

年金から保険料を納める場合(特別徴収)
対象となる方

介護保険料を納めている年金額が年額18万円以上の方(介護保険料との合計額が年金額の2分の1を超えない場合)

保険料の通知時期

4月 仮徴収額決定通知書(4・6・8月の保険料額:4月から特別徴収が開始される場合)

7月 保険料額決定通知書(当年度の10・12・2月及び次年度の4・6・8月の保険料額)

納め方

年金支給の際に、年金から保険料を納めます。

仮徴収
4月(1期) 6月(2期) 8月(3期)

●前年の所得が確定するまでは仮算定された保険料を納めます(原則、前年度の2月に納めた額と同じ額を納めます)。

本徴収
10月(4期) 12月(5期) 2月(6期)

●前年の所得が確定した後は年間保険料額から仮徴収分を引いた額が3期に分けて納めます。


※年金からの差し引きで保険料を納める方でも、保険料の納付を口座振替に変更することができます。

●手続に必要なもの
振替口座の預金通帳・通帳の届け出印・保険証
※手続方法は,各市町村により若干異なる場合がありますので、市区町村担当窓口にお問い合わせください。
●社会保険料控除について
口座振替に変更した場合、社会保険料控除は口座振替の名義人に適用されます。これにより世帯の所得税や住民税の額が少なくなる場合があります。
納付書・口座振替で納める場合(普通徴収)
対象となる方

介護保険料を納めている年金額が年額18万円未満の方

介護保険料との合計額が年金額の2分の1を超える方

介護保険料が年金から納めていない方

年度の途中で新たに加入した方や住所の異動があった方

保険料の通知時期

7月 保険料額決定通知書

※このほか、お住まいの市区町村より、保険料を納めていただくための納付書などが送付されます。

納め方

市区町村から送られてくる納付書で、納期内に指定された金融機関で納めます。また、口座振替で納めることもできますので、お住まいの市区町村にお問い合わせください。

期別 1 2 3 4 5 6 7 8 9
納付月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 1月 2月 3月

※各期別の納付期日は、市区町村により異なります。

保険料は、制度運営(給付事業)の大切な財源です

 保険料を納めないでいると、次のような措置がとられる場合があります。

 やむを得ない事情により保険料の納付が困難なときは、お早めにお住まいの市区町村にご相談ください。

●特別な理由がなく保険料を滞納すると

 通常より有効期間が短い保険証(短期被保険者証)が交付されることがあります。


後期高齢者医療制度 / 保険料−保険料の決まり方:::宮城県後期高齢者医療広域連合:::