サイトマップ

Google

後期高齢者医療制度

よくある質問


制度

Q:「後期高齢者医療制度」とは何ですか?
A:75歳以上の方と65歳以上75歳未満の方で一定の障害があると認められた方を被保険者とする医療制度です。
75歳の誕生日を迎えられた方は、これまで加入していた国民健康保険や社会保険などから自動的に「後期高齢者医療制度」に移行することになります。ただし、65歳以上75歳未満の方で一定の障害がある方は申請により広域連合の認定を受けた日から対象となります。
Q:「後期高齢者医療制度」の目的は何ですか?
A:後期高齢者医療制度は、現役世代と高齢者世代の負担を明確にし、公平な制度とするとともに、これからも安心して医療を受けることができるように老人医療費を被保険者(加入者)の方々も含めた社会全体で支えあうために創設されました。
Q:75歳の誕生日を迎える方は、後期高齢者医療制度に移行するときには何か手続きが必要ですか?
A:自動的に後期高齢者医療制度へ移行になりますので、手続きは必要ありません。被保険者証は誕生日の前月末までに、お住まいの市区町村から郵送または手渡しで交付されます。
Q:広域連合が行う業務と市町村が行う業務はどのように決まっているのですか?
A:後期高齢者医療制度に関する事務は、基本的に広域連合で実施し、市区町村は保険料徴収事務及び窓口業務を行うことになります。
Q:各種手続きはどこでするのですか?
A:お住まいの市区町村の担当窓口で手続きができます。