サイトマップ

Google

後期高齢者医療制度

よくある質問


被保険者証

Q:後期高齢者医療の被保険者証はどうなるのですか?
A:70〜74歳の方は加入されていた保険から交付された「高齢受給証」と「被保険者証」の2枚を病院などの窓口に提示する必要がありましたが、後期高齢者医療制度では被保険者証1枚のみとなります。被保険者証は、75歳の誕生日の前月末までにお住まいの市区町村から郵送又は手渡しで交付されます。
Q:今までの被保険者証はどうするのですか?
A:被保険者証(高齢受給者証など)は、今までの保険者(国保・被用者保険等)の指示に従ってお返しください。
Q:被保険者証の有効期間はいつまでですか?
A:宮城県後期高齢者医療広域連合では、毎年8月1日〜翌年7月31日までの1年間を有効期間としています。この期間に75歳になられた方や障害認定で新たに資格を取得した方は、75歳の誕生日または資格取得日から次の7月31日までを有効期間とした被保険者証を交付します。
※保険料の滞納などで有効期間の短い被保険者証が交付される場合があります。
Q:被保険者証を失くしたときはどうすればよいですか?
A:再発行することができます。お住まいの市区町村の担当窓口へお尋ねください。
Q:全国の医療機関で被保険者証は使えるのですか?
A:自費診療等の保険適用外を除き、全国の医療機関で使うことができます。
Q:被保険者証を医療機関に持っていくのを忘れるとどうなるのですか?
A:医療機関によっては、いったん医療費の全額お支払いいただく場合があります。
ただし、やむを得ない事情で被保険者証を提示できなかった場合に、お住まいの市区町村の担当窓口で申請して認められれば、後日決められた基準額を広域連合が支給します。
Q:県外に引っ越すと被保険者証はどうなるのですか?
A:引っ越し先(転入先)の都道府県の広域連合の被保険者になるため、宮城県後期高齢者医療広域連合の被保険証は使えなくなります。引っ越し先(転入先)の都道府県内の市区町村の後期高齢者医療制度の担当窓口で被保険者証の交付を受けてください。                                              
Q:県内で別の市区町村に引っ越すと被保険者証はどうなるのですか?
A:引っ越し先(転入先)の市区町村担当窓口で被保険者証の交付を受けてください。ただし、引っ越し先が特別養護老人ホームなど、住所地特例制度適用対象施設の場合は、引き続き宮城県後期高齢者医療広域連合の被保険者となります。
Q:同じ市区町村内で引っ越すと被保険者証はどうなるのですか?
A:市区町村の担当窓口で新しい住所の被保険者証の交付を受けてください。